必勝!FXチャート・レートで得する方法!

週足のサポートラインとレジスタンスラインには注目する

FXチャートで重視されるのは長期のローソク足になります。長期的に見て目立つ高値と安値では価格が反発し易く、絶好の逆張りエリアになります。目立つ高値であればレジスタンスラインを引いて売るタイミングを計ります。目立つ安値であればサポートラインを引いて買を狙っていきます。
FXのトレードでサポートラインとレジスタンスラインを使ったトレード手法をライントレードと呼びます。この手法はシンプルですが、高確率で利益を残す事ができるため人気の手法です。上級者になるとトレンドラインも加えてより精度の高いトレードを行います。トレンドラインは逆張りだけでなくトレンドフォローの手法にも使えるので、トレードチャンスを増やす為にもマスターする必要があります。

20と50は実需での売買がある

FXの9割は短期売買での差益目的ですが、1割にも満たない実需の存在を無視する事はできません。実需と言うのは輸出入やリスクヘッジのためのオプション注文の事です。
実需の売買は、レートの末端が20と50の時に行われると言われています。20の時は輸出業者が外貨を円に買い戻すので、クロス円通貨は値下がり、レートの末端が50の時は輸入業者が支払いのため円を売って外貨を買うためレートは値上がりし易くなります。この点を頭に入れておくだけで、他の参加者より優位に立つ事ができます。また、レンジ相場になった時はオプションの行使をめぐって、銀行間同士の攻防が繰り広げられている事が考えられます。その様なケースはオイシイ相場なのでレンジトレードをお勧めします。